ブラックフライデー後

仮想通貨市場、ブラックフライデーより反発

変異したウイルスの出現や米国株式市場の暴落懸念により、前週金曜日で仮想通貨市場は全面的に下落し、ビットコイン(BTC)は5万4000ドルのサポートラインも突破しました。ビットコインの急落がまさに最高のブラックフライデー・セールだと言われ、多くの投資家が購入するタイミングだと述べました。

ビットコインの下落と回復

「オミクロン」と呼ばれるコロナの新菌株のニュースを受け、8%以上下落したビットコインは結構回復しました。記事掲載時点で、ビットコインは前日比5.37%以上上昇し、57,290ドル以上で取引されています。

BTC/USDT7日 急落前とほぼ同じレベルに回復している

イーサリアムの下落と回復

ビットコイン以外にもほとんどのアルトコインの価格も金曜日に急落しました。時価総額で2番目に大きいイーサリアムは、一時的に4,000ドルを下回り、日曜日に再び下落しました。Dune Analytics(ドゥーン・アナリティクス)社のデータによると、イーサリアムのユニークアドレス(ブロックチェーン上の分散型金融ユーザーの総数)が先週、400万を突破しました。記事掲載時点で、イーサリアムも回復し前日比7.05%上昇し、4,335ドル近くで取引されています。

ETH/USDT7日  急落前とほぼ同じレベルに回復している

変異株と偶然にも同名のオミクロン OMIC

週末の弱気相場で急上昇を見せてくれたのが、変異株と同じ名前の仮想通貨「オミクロン」(Omicron、OMIC)。オリンパスDAOからできたOMICは偶然にも変異株と同じ名前になり、土曜日より上がっていて、さらに日曜日の夜9時から急上昇し、9時間で508%も増加しました。

https://www.forbes.com/sites/billybambrough/2021/11/28/a-cryptocurrency-called-omicron-is-suddenly-rocketing-even-as-the-new-covid-19-variant-tanks-the-bitcoin-price-and-crypto-markets/?sh=71e904447128

Omicron DAOは、イーサリアムのスケーリング技術Arbitrumネットワーク上の分散型通貨プロトコルで、USDCやMIMなどのをサポートしており、同トークンは現在、スシスワップを介してArbitrum One上でのみ取引が可能です。


ブラックフライデー・セールと現在

変異株と米株式市場の影響により、弱気相場になっていた仮想通貨マーケットでしたが、すぐに回復を見せてくれました。

投資顧問会社、モーガンクリックキャピタルマネージメント(Morgan Creek Capital Management)の創業者、CEO、CIOであるマーク・ユスコ(Mark Yusko)氏は、ビットコインやその他の仮想通貨に依然として興味を持っていると、金曜日のインタビューで強気の姿勢を明らかにし、暗号市場のパフォーマンス低下をブラックフライデーのディスカウントだと考えていると述べました。

https://www.cnbc.com/video/2021/11/26/yusko-ownership-is-edge-especially-in-cryptos.html?&qsearchterm=cryptocurrency

また、ネイブ・ブケルエルサルバドル大統領がまた押し目買いをしたとツイッターで宣言していました。長期的には強気の維持するでしょう。

BTCCではブラックフライデーの入金ボーナスキャンペーンが12月6日まで開催中です!入金すると最大200USDTをゲットできるチャンス、今すぐアプリをダウンロード・立ち上げてチェックしましょう~

BTCCアプリをダウンロード・立ち上げる

キャンペーンについて詳しくはこちら:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です