老舗の仮想通貨取引所-BTCCがどう契約取引で圧勝?

BTCCと言いますと、老舗取引所の印象が強いです。BTCCは創立9年目になりました。ビットコインの歴史もただの11年です。世界中で最も歴史が長い仮想通貨取引です。プロのユーザーはBTCCとともに成長してきました。

BTCCはビットコイン取引所の中の先輩だけではなく、契約取引所上でもリードしています。BTCC契約は2019年1月に誕生、さらに初の実物受渡無期限契約を新しく作り出しました。当時、BTC無期限契約では、現金での受渡しかなかったです。強大な資金実力を持ちのBTCCは、現物受渡ができるように実現しました。またBTCCがOKExより早くUSDTで計算する契約商品を開発し、双方向売買を可能にしました。

市場の将来性を見込み、BTCCが更に契約市場に一筋

新商品の開発に集中する取引所とは違い、BTCCが既存の商品にもっと力を入れてます。。”弱い通貨の市場流動性が弱いために、契約取引に向いていない”とBTCC首席研究者がインタビューで語って,‘‘取引者が必要なのは激変の相場市場でも安定に取引できるプラットフォームだ’’と言っていました。

BTCCは仮想通貨業界で豊富の技術を累積し、独自の取引システムを開発しました。運営以来、安全事故は一度も発生したことがなかったです。激しい相場においても、市場の深さが保障できて安定な取引を提供しています。また、BTCC開発チームが金融界及び仮想通貨領域の人材を集めて、商品の設計により公平性を重視しています。

ユーザーのニーズに応え、レバレッジ最大150倍を提供

BTCCは創立9周年の記念として、レバレッジ150倍を提出しました。BTCC権威研究者によりますと、’’レバレッジは一種のツールにすぎないです、ユーザーの資産を最大限に活用できるためです’’と語っています。また、150の倍率の登場は、ユーザーの投資ハードルを低くさせました。更に、無期限契約、週間契約に基づき、一日契約を開発しました。各々のユーザーのニーズを応じて、有効にレバレッジを利用し、ロールオーバー無しで取引できます。

BTCCは強い通貨の契約市場にフォーカスしており、多くの革新が取引自体をメインにしています。2020年に、BTCCは’’安全安定、無限の市場深さ’’を保証し続けます。同時に基盤技術をアップグレードしながら、よりインターフェースの使い心地が良くて、取引需要を満足させる新商品を研究開発します。
業界全体の発展方向から見ると、仮想通貨市場は伝統的の金融に近づき、投資人の需要により様々のデリバティブ商品を開発されます。仮想通貨の存続は斬新の取引方が必要とされています。将来、各取引所が総合型商品(デリバティブ商品)若しくは単一商品に各自で変化していきます。その際に、デリバティブ商品が現物価格への影響も日に日に増し、契約が主流になりつつ、BTCCはこの領域でもっと輝きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です